WES(溶接管理技術者)1級への道

溶接管理技術者1級を取得した溶接士が参考書と過去問をもとに1級・2級試験合格を目指す受験者のために書いたブログ

マグ溶接ワイヤとシールドガスの関係

      2018/06/18

マグ溶接に使用されるシールドガスは炭酸ガス(Co2)と混合ガス(Ar+Co2又はAr+O2)の2種類がある。

シールドガスによる溶接性

・炭酸ガスの場合
グロビュール溶滴移行のみ。

・混合ガスの場合
低電流域ではグロビュール溶滴移行、高電流域ではスプレー溶滴移行になる。

シールドガスによる機械的性質

・混合ガス用ソリッドワイヤに炭酸ガスを使用した場合
金属中のケイ素(Si)とマンガン(Mn)が減少し強度不足になる。

・炭酸ガス用ソリッドワイヤに混合ガスを使用した場合例1
金属中のケイ素(Si)とマンガン(Mn)が増加し強度過大になる。

Siは降伏点と引張強さをMnはじん性を高める成分であり、この2つの増減により金属の強弱が変わる。

これはワイヤ中のSiとMnが脱酸剤としての役割を担っていて、その添加量はシールドガスに合わせて決まっている。
炭酸ガスの方が酸化力が強く、溶接中により多くのSiとMnが脱酸に使われるため、炭酸ガス用ワイヤにはSiとMnの量は多くなっている。

amazon

 - M - 材料・溶接性, 炭素鋼と低合金鋼の溶接材料, 金属材料と溶接性ならびに溶接部の特性