M - 材料・溶接性

チタンについて

チタンの特徴 耐食性に優れる(硝酸、クロム酸などの酸化性環境ではステンレスよりも優れる) 低温じん性に優れる 密度が小さい(鋼の1/2) 線膨張係数が小さい(鋼の3/4、ステンレスの1/2) 熱伝導率が低い(...
炭素鋼と低合金鋼の溶接性

急冷

溶接部の急冷がよくないと言われるがそれはなぜか? 簡単に言うと溶接部に焼きが入るからである。 焼が入るとはつまり、鉄が硬化することである。 まとめると溶接部は急冷されると焼きが入り硬く(脆く)なってしまう。 と、言う...
金属材料と溶接性ならびに溶接部の特性

液化割れ

液化割れは高温割れの一種で多層溶接時に前層の粒界または熱影響部の結晶粒界に発生する割れである。 割れのメカニズム 1,多層溶接時に後続層の溶接熱で前層の粒界が溶融する。 2,合金元素の偏析または低融点金属間化合物(MnS)が生成さ...
M - 材料・溶接性

マグ溶接ワイヤとシールドガスの関係

マグ溶接に使用されるシールドガスは炭酸ガス(Co2)と混合ガス(Ar+Co2又はAr+O2)の2種類がある。 シールドガスによる溶接性 ・炭酸ガスの場合 グロビュール溶滴移行のみ。 ・混合ガスの場合 低電流域ではグロビ...
金属材料と溶接性ならびに溶接部の特性

低温割れ(遅れ割れ)

低温割れは炭素鋼、高張力鋼、低合金鋼に発生しやすい。 溶接部の温度が300℃以下になってから発生する割れのことである。 鋼材強度が高くなるほど割れやすい。 低温割れの三要素 ①金属硬化組織②拡散性水素③拘束応力 ...
M - 材料・溶接性

粒界腐食

粒界腐食はオーステナイト系ステンレス鋼が500~800℃の温度域に加熱された際に粒界近傍に発生する腐食である。 腐食の段階 1.オーステナイト系ステンレス鋼が500~800℃の温度域になり結晶粒界にクロム炭化物(Cr23C6)...
M - 材料・溶接性

ラメラテア

ラメラテアは母材部において、圧延面に平行にステップ状に発生する割れである。 板厚方向に引張り応力が発生した祭に介在物と地鉄の界面が剥離して開口し、割れる。 発生場所: ・熱影響部とそれに隣接する母材 発生しやすい継手: ・...
ステンレス鋼の溶接

異材継手の割れとその防止

ここでは実用的に行われることの多い異材継手「ステンレス鋼(SUS304)×炭素鋼」の割れの発生原因とその防止方法について説明したいと思います。 なぜ割れが発生するのか? 溶接金属の組織がマルテンサイト組織になるからです。マルテ...
タイトルとURLをコピーしました