金属材料と溶接性ならびに溶接部の特性

液化割れ

液化割れは高温割れの一種で多層溶接時に前層の粒界または熱影響部の結晶粒界に発生する割れである。 割れのメカニズム 1,多層溶接時に後続層の溶接熱で前層の粒界が溶融する。 2,合金元素の偏析または低融点金属間化合物(MnS)が生成さ...
M - 材料・溶接性

凝固割れ

凝固割れは高温割れの一種で、凝固の最終段階で起こる割れである。 割れのメカニズム 1,凝固中に炭素(C)、リン(P)、硫黄(S)などの不純物が最終凝固域の融液に排出され濃縮する。(これを凝固偏析という) 2,濃縮した不純物により融...
M - 材料・溶接性

チタンについて

チタンの特徴 耐食性に優れる(硝酸、クロム酸などの酸化性環境ではステンレスよりも優れる) 低温じん性に優れる 密度が小さい(鋼の1/2) 線膨張係数が小さい(鋼の3/4、ステンレスの1/2) 熱伝導率が低い(...
タイトルとURLをコピーしました